<   2006年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

引っ越してから今までの事 床塗り&壁塗り編

f0043907_15365841.jpg

前回の記事にも書いたが、新居に引っ越してきた時点ではアトリエ部分は未完成の状態だった。
どれくらい未完成かと言うと、壁、床、天井が石膏ボードや構造合板などの下地材むき出しになっている状態、つまり仕上の塗装工事を一切していない状態、であった。

通常の家作りは、基礎屋さんが家の土台となる文字通り基礎部分を作り、その上に大工さんが骨格、屋根、壁、床、天井からなる家の本体を作る。その本体に水道屋さんが上下水などの水まわりを施行し、電気屋さんが配線やコンセントや照明器具などを取付け、サッシ屋さんが窓サッシをはめ、建具屋さんがドアやその他の建具を取り付ける。そして、最後に家の外壁と内壁を左官屋さんや塗装屋さんが仕上げて家は完成する(実際にはこれらの工事がほぼ同時進行的に行われる)。
家づくりは、大工さんを中心とした各分野の専門家たちからなる混合チームプレイなのだ。
で、その混合チームの監督が建築家であり現場監督である。

僕たちは、当初から「自分たちに出来るところは極力セルフビルドする」というスタンスで建築家さんにプランをお願いしていた。もちろん「少しでも安く作りたい」というのが主な理由なのだが、それと同時に「なるべく自分たちも家づくりに参加したい」という想いもあったのだ。と言っても、素人の僕たちに出来ることなどたかが知れている。相談の結果「外壁や内壁を塗るくらいなら出来るのでは」ということになった。実は、旧アトリエも自ら壁を塗ってリノベーションしたのだ。僕たちには壁塗りに関してちょっとした自信があった。だから、新居の壁塗りも「ぜひ僕たちにやらせて下さい」と申し出た。実際、塗装屋さんの日当は比較的割高なので、これをセルフビルドすれば全体の出費をかなり押さえることが出来るのだ。

More
[PR]
by fujiyama67 | 2006-07-18 15:13 | 引っ越してから

引っ越してから今までの事 引っ越し編

f0043907_146323.jpg

みんさなんご無沙汰しております。
前回の記事から、ほぼ3ヶ月ぶりの更新です。

さて、この3ヶ月間、一体何をしていたのかと言うと・・・
4月末に高原の新居に引っ越してから、内装の壁塗りだの、庭の石拾いだの、ゴミ拾いだの、その他諸々の作業(主に肉体労働)に追われる日々が続いてたのだ。
引っ越した直後は「念願の田舎暮しのスタート」「憧れのスローライフのはじまりはじまり」と無邪気にはしゃいでいたが、現実はそんなに甘く無かった。
引っ越してから2ヶ月半、今思うのは「田舎暮しはなかなかシンドイぞ!!」ということ。
長いこと都会の便利さを無自覚に享受していた身にとっては、何ごとも初めての経験ばかりで、まさに骨の折れる毎日の連続。
まあ、この苦労も今にして思えば楽しい日々だったけどね・・・

そこで、時系列で書くと誓ったこのブログだが、家づくりの記録は一旦お休みして、先に引っ越してから今までの事をサラッとおさらいしておきます。
なんせ、早く書かないとこの苦労の日々を忘れちゃいそうで・・・
まずは引っ越し編から。

More
[PR]
by fujiyama67 | 2006-07-15 01:48 | 引っ越してから